カルマヨガについて

カルマヨガとは、日常生活のすべての行動、言動、意識の在り方において実践するヨガのことです。

巷では、「行為のヨガ」などとも言われ、見返りを求めない行動をすることと捉えられるようですが、まずはカルマの意味を理解しないことには、いくら様々な慈善活動を行っても、それは表面的にすぎません。

カルマとは、自分らしく生きていくことを妨げる「心の癖」のようなものを指します。
生きていく中で経験した様々な出来事により、無意識のうちに自分本位な心の癖を刻んでいき、それが生きづらさを感じる要因にもなっているのです。

例えば・・・
・頑張りたいのに頑張れない
・頑張ってるのに結果が出ない
・わかっているけどやめられない
・思い通りにいかないことが受け入れられない
・願っていても叶わない
・自分が何をしたいのかわからない
・誰にも言えないことがある
・目標を達成したい
・夢を叶えたい
・どんな人の前でも自然体でいたい
・感情に翻弄される
・感情が感じられない
・そんなつもりはないのに傷つけてしまう
・言いたいことが言えない
・善悪に基づいて判断するばかりで、自分の本心が見えない
・お金の問題
・恋愛の問題

このように、人であれば誰しもが感じたことのあるような問題の中に、解消すべきカルマは含まれます。
つまり、生きていればどんな人であっても、ほとんどの場合カルマを持っているということです。社会的成功や地位や肩書きなどと、カルマの有無は全く関係ありません。

そして、心の癖は自分でもなかなか気づきにくく、少し意識したほどでは改まるものでもありません。普段の生活でしっかり自分と向き合う意志を持ち、それに加えて適切な指導があって始めて、カルマを解消することにつながるのです。
ですから、カルマが身体的なプラクティスだけでは解決しないのは、容易に想像がつくことと思います。
日常生活の行動や言動、在り方そのものに注意を払い、日々の選択に新しい選択肢を与え、望む生き方に沿った選択を積み重ねること。
それが、まさにヨガマットの外で行う、一番大切なヨガプラクティスと言えます。

カルマヨガを行うことで、ようやくアーサナ(ポーズ)や瞑想の実践が活きてくると言っても過言ではないほどに、ヨガをする上ではなくてはならない土台です。
それほど大切なヨガプラクティスなのに、カルマヨガを本格的に導入しているスタジオがほとんど存在しないことは不思議なくらいです。

カルマについて数年もの間、本格的に学び続けている経験を生かして、当クラスでは皆さんを適切にガイドしていき、一人でも多くの人がより喜びに満ちた生活になることを目指します。